個性がある、創造がある、明日への夢がある。

マルチメディアの時代にふさわしい印刷会社を目指し、何をするのもプラス志向で突き進む集団。印刷というカタにはまらないことがコンセプト。常に、新しい才能や豊かな感性の開花と、有能な人材が育つ環境につとめ、企画・デザイン・編集はもちろん、情報処理やインターネット、デジタル印刷にも強い体制。時代が求める印刷会社。

名称 原多印刷株式会社
責任者 代表取締役 原多鈴乃
所在地 大阪市北区長柄西1-7-43
tel 06-6882-3555(代表)
fax 06-6882-3545
年商 7億8700万円(平成27年6月期)
従業員 60人(正社員…52名、パート・アルバイト…8名)
工場・建物 敷地855平方米 3階建て
取引銀行 三井住友銀行 梅田支店
三菱東京UFJ銀行 天満支店
みずほ銀行 堂島支店
営業品目 ◆美しいスーパービジョン印刷
DTP出力、情報処理、パンフレット、会社案内、カタログ、社内報、
ポスター、各種新聞、各種マニュアル、CD-ROM  etc

沿革

昭和33年 7月 原多印刷社創業
昭和43年 7月 株式会社原多成文社に組織変更 資本金100万円
昭和46年 8月 資本金400万円に増資
昭和58年 11月 ハラタ電算株式会社設立 資本金500万円
昭和60年 11月 株式会社原多成文社を原多印刷株式会社に組織変更
昭和62年 10月 原多印刷株式会社、資本金1000万円に増資
平成8年 12月 ハラタ電算株式会社をアルス・ハラタ株式会社に名称変更、資本金1000万円に増資
平成13年 1月 原多印刷株式会社、資本金3000万円に増資
3月 CTP導入
8月 ハイデルベルグ社菊半8色機(SM74-8P)を導入
平成16年 2月 ハイデルベルグ社菊全8色機(SM102-8P-S)を導入
平成19年 6月 アルス・ハラタ株式会社を原多印刷株式会社に合併
平成20年 3月 ハイデルベルグ社菊全8色機(SM102-8P-PPFD)を導入
コダック菊全CTP(Magnus800 QuantumX-SCU)を2台導入
平成22年 3月 品質検査装置「Symphony Trinity」を導入
平成22年 9月 「Japan Color」標準印刷認証取得
平成24年 5月 プライバシーマーク取得
平成24年 12月 KONICA MINOLTA Bizhub PRESS C7000/C6000/1250, Bizhub PRO 951を導入
平成25年 2月 断裁機(ポーラーN115PLUS)を導入
Horizon中綴じ製本機(ステッチライナー5500、CCDカメラ付)、
折機(AFC-566FKT)、プレススタッカー(PST-40)を導入
平成26年 3月 AGFA CTP(:Avalon N8-80XT)を導入